"夢みる"活動について…☆

  • 2019.10.03 Thursday
  • 01:37

 

現実社会はいつも少し生きにくい

それなら

夢のような世界を自分で作ろう

 

 

 

 

 

最近、ちゃつくん(旦那ちゃん)がTV取材などを受けるにあたり、

活動動機やコンセプトについて話していて。

…そういえば私も、活動動機やコンセプトはあるけれど、

わかりやすく書き記したりしたことがなかったな…

そう思って、少しだけまとめてみることにしました。

 

 

***

 

 

 

私の “夢みる” 活動は、開始してちょうど4年くらい

(ずっと昔から構想はあったのだけど、行動に移すまでにすごく時間がかかったんです)

 

なぜそんな活動をしようと思うのか、

そう聞かれたことがあったけれど、

私はいつも思い立ったら即行動だから、自分の意思の分析とか…全くできていなくて

すぐに答えられなかったのを覚えています

 

 

活動を続けながら、何回も自問自答して、

あ…これだった、そう思った答えがこれです

 

 

現実社会はいつも少し生きにくい

それなら

夢のような世界を自分で作ろう

 

 

 

 

幼い頃から、周りのみんなとあまり馴染めなくて、いつもどこか浮いていて…

現実社会はいつも少し生きにくかった

馴染む努力はするのだけれど、それも限界があって…

 

昔はとくに、みんなの普通とわたしの普通が違いすぎた

(ピアノやヴァイオリンをやっている子の、あるあるかもしれない)

 

 

だんだんと、周りに合わせるのを諦めるようになって…今に至るわけです

気の合う仲間が少しでもいたらそれでよいかな…

(ひとりぼっちは、とっても寂しい)

 

いつだって少数派、

多分今も、変わらず少数派だと思うけれど

少数派として闘う戦士みたいなところは、ずっと昔から変わらないかもしれない

 

 

 

 

 

 

昔から空想してる時間が好きだったのです

本を読んだり音楽を聴いて、その世界に没頭している時…

そして毎日見る夢の中にいる時…

 

色々な経験をして、自分の音楽活動をしたいと思った時、

どんな音楽がしたいかを考えました

そこにジャンルは存在しなくて…

一つの風景が思い浮かんだのです…

 

風がサワサワと吹いていて

きんいろに光る丘の上に小さな子が1人、ポツリと立っていた

 

そこに わたしという存在があった

わたしの音楽活動は、わたしの旅とともに進んでゆく

 

わたしという存在の…夢の旅のものがたり…

 

 

 

 

 

 

***

 

 

ちゃつくんとは、ベクトルが真反対な感じだけど、

でも、「楽しい世界を作りたい」というのは同じ。

楽しい世界を作って、共有していく…

 

 

少数派って言ったけれど、

それでもこの活動を続けていくなかで、

たくさんのお友達やお仲間が増えてきました。

 

そして、ユメの世界の旅を心待ちにしてくださるみなさまへ、

楽しい時間を創造していくことが、

わたしにとってもなくてはならない、夢みる"わたし"の旅なのです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

あさいまり公式LINE

友だち追加

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM