パリ旅行*その1

  • 2019.07.06 Saturday
  • 20:03

ただいま日本ー♬

ただいま東京ー♬

 

今回のパリ旅行は、CHA2(旦那さま)の作品がギャラリー展示に便乗して、

1週間、ゆっくりパリに滞在しました。

手伝いをしながら観光もしっかりしてきたので、

少しずつシェアしていきたいと思います。

 

 

この写真は、シャルル・ド・ゴール空港から列車でパリ北駅まで出て、

そこからホテルの方に歩いて行く途中、最初に撮った写真です。

この時点で建物の美しさに感動♬

外国来たな〜って感じがしました。

 

この感動が、ずっと続けばよかったのですが…( ・∇・)

 

1つ“お断り”です…

このブログは、私の思ったまま媚びることなく記しますね…

文化に敬意を払った上で、です。

 

 

というのも…

 

 

パリってすっごく…

 

汚いんですね……………!!!

道路のあちこちにゴミが散乱していて、

そこら中で●●●●の匂い。。。

これはちょっと信じられない事態でした。

ずっと憧れだったフランス、それだけにかなり驚きでした。

せっかく街の景観が素敵なので、残念でした。

 

昔のヴェルサイユ宮殿は、トイレがなくて排泄は部屋の隅で垂れ流し…

嘘みたいな話ですが、少し前にはまって見ていたBBC制作のドラマ『ベルサイユ』でも、

ルイ14世の愛人モンテスパン夫人のそういうシーンがありました。

今でもその名残??

実際、朝早めに出かけた際、男性が勢いよく…しているのを目撃してしまって…

迂闊に街を歩けないです。

 

調べてみると、パリが汚いというのは結構有名なお話みたい。

フランス滞在の最初の記事がこんな内容になってしまったけど、

それだけショッキングなことだったのです…

10秒に1回は「く●い!!」とぼやいてたかも。

「花の都」と形容される素敵な街にふさわしく、

改善されることを強く望みます。。。

 

 

そんなこと言いつつ、成田から帰る際上野で乗り換えたのですが、

駅周辺の道路はガムの吐き捨てた後?でいっぱいだったりして、

人のこと言えない感はありますが。

 

 

 

そんなわけで、第一の感想はこんな感じでした。

最高の旅だったことには違いがないのですが(笑)

 

次からはスケジュールをおおよそ追いつつ、

書いていきたいと思います。
今日はこれから岐阜へ!
帰ってきたばかりですが、さよなら東京♬
(…しまった…写真をちゃつくんからもらい忘れた…)

 

Amges et Damons♪

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 14:44

今回のお茶会ライヴの「コーディネート賞」は、

フラワーアレンジメントを取り入れた気品のある作品をたくさん作られている、

Anges et Damonsさんのものでした♪

 

 

今回、私はALICE and the PIRATESさんのブルーのワンピースだったので、

自分用にはこちらの新作の、ブルーをチョイスしました。

 

とっても可愛らしい作品で、

つけやすさも抜群なので、おすすめです!

 

そして、コーディネート賞のプレゼントとしては、

こちらの「手毬菊クリップ」をチョイスしました!

 

 

様々な使い方ができるクリップ♪

私も欲しかった!

 

 

今回のコーディネート賞はこちらのお二人でした!

 

みうぴすさん♪

 

 

 

あんずちゃん

 

 

喜んでくれていて、私も嬉しかったです!

そしてすぐにつけていただけそうな可愛らしいお二人でした。

 

 

次回は、どんな作品にしようか、

プレゼントを考えるのも一つの楽しみです。

次回の夢みるお茶会ライヴも、お楽しみにー☆

 

 

ありがとうございました♪

  • 2019.06.24 Monday
  • 01:57

夢みるお茶会ライヴ vol.3

 

〜七色のメランコリー〜

 


 
本日、皆さまのおかげで、盛況にて終了いたしました!!
本当にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

たくさんのお客様にお越しいただき、
とても良い会となりました!!!
中世のサロンのように…
現代のサロンを目指す…
その夢に一つ、近づけたような気がします。

 
今日のセットリストをご紹介します♪
1、秘密の薔薇園にて〜古風なワルツ〜
2、ピアソラ:オブリビオン
3、妖精の詩(ヨウセイノウタ)
4、深い森
5、カザミドリ
6、ピアソラ:ブエノスアイレスの春
7、ピアソラ:リベルタンゴ
8、6月の雨と僕(新曲)
EN、ヤコブゲーデ:ジェラシー

 
今回は、ピアニストでありアコーディオニストの土屋恵ちゃんと、
情熱的で哀愁漂うピアソラを軸に、
六月の憂鬱な季節に合うプログラムにしてみました。
メメちゃん、かっこいい!

 
ピアソラとっても楽しかった。
ブエノスアイレスの四季は全曲やってみたいし、
まだまだこれからも新しい曲に挑戦したいなと思いました。
リベルタンゴのアレンジも、皆さんに喜んでいただけて、嬉しい!
またアコーディオンの回には、ピアソラ挑戦したいです。

 
今回、新曲が本当にギリギリでした。
なかなかできなくて…
前日まで頭を抱えてました。。
できた曲は、ポエム付きの「6月の雨と僕」という曲。
ポエムを載せてみます。

 
*---*---*

 
6月の雨と僕

 

深い森のずっと奥に

小さな泉がありました

ふかふかに苔むした泉のほとりに

そっと腰を下ろして

ぼくは歩き疲れた足を水面に揺らした

 

ずっとずっと昔から

ぼくはこの場所を知っている

「たまにはかえっておいで」

僕の耳元でそっと精霊たちが囁いている

6月の雨がシトシトと 木の葉を揺らす

時おり鳥たちのおしゃべりや、草花の囁きが聞こえる

 

泉の水は絶え間なく湧き出て

キラキラと虹色に光りながら 歩き続けた私の足を癒した

ここはぼくの泉 心の森のずっと奥

 

  6月の雨がシトシトと 木の葉を揺らす

  ぼくは思いきって体を全て水面に預けた

 

ずっとずっとこの場所に

僕は来ていなかったんだと気づく

「たまにはかえっておいでよ」

僕の耳元でそっと精霊たちが囁いている

食いしばった奥歯が解けて

身体中の骨がミシミシと音を立てて解けていくのがわかる

 

(ああなんだかとても

飛んでいけそうな気がするよ)

僕はひとりつぶやいた

 

深い森のずっと奥

僕はまた歩き始める

ふかふかに苔むした泉のほとりから

夢みる旅がはじまる

*---*---*

 

 

 

 

泉の水は虹色に光りながら…絶え間なく湧き出ている…
これを表現するために、中間部分にパッヘルベルのカノンの進行を入れて、
ここは毎回アドリブにすることにしました。
情報社会、途轍もない速さで流れていく毎日を繰り返していると、
時々、自分の心の声が聞こえなくなってくる気がします。
ふと疲れた時、心を癒すのは、自分の心のずっと奥。
静かに耳を傾けて、心の声を聞こう…そしてまた、歩き出そう。
そんな気持ちを曲にしました。
まだ未完成だけれど、
この曲もまた、音源化したいです。

 

 
共演してくれた土屋恵ちゃん、
スタッフしてくれたちゃつくん(旦那さま)、
素敵な写真を撮ってくれたMasayoさん、
とても協力的に親切にしてくださった、ラ・ブーレットの皆さま、
そして忙しい中駆けつけてくださったゲストの皆さま、
本当にありがとうございました♪

 

 

 

 

次回の「夢みるお茶会ライヴ」は、同じラ・ブーレット2階にて、
8月10日(土)に行います。
ストレスフリーというアイリッシュユニットのお二人と、
アイルランドの音楽を中心にお届けする予定です。
次回もご期待ください…♪

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

あさいまり公式LINE

友だち追加

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM